経験者が語る・フィリピン留学に行く時におすすめの持ち物は?


2015-01-19_210543

by Jon Rawlinson

・日本からわずか5時間で行ける
・物価が安くコスパが高い
・マンツーマンで学べて初心者に易しい

などの理由から近年注目を浴びている
フィリピン留学ですが、

いざ留学となると準備に
戸惑うことがあるかもしれません。

 

そこで今回は、
僕が2014年1月〜3月に経験した
フィリピン留学(セブ)において、

『行く前に準備した持ち物』と
『行ってから必要だったもの』
を紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

セブに行く前に準備したもの

まず始めに留学する前に
準備したものを紹介します。

どれも必需品となりますので、
よくチェックして下さいね。

出国関連

パスポート

入国時の残存期間が、
6ヶ月以上+滞在日数以上
残っているかを確認。

もしもの紛失に備えて2枚の
コピーを財布とトランクに入れて
おくことをおすすめします。

航空券

フィリピンに入国の際には
往復チケットが必要です。

片道航空券だけでは入国を
拒否される可能性があります。

これも紛失に備えてコピーをとり、
別の場所に保管しましょう。

両替用現金

フィリピンでは日本円は使えないので
ペソに両替する必要があります。

空港からタクシーを利用する際にも
必要になってきますので、
空港で両替する現金を用意しましょう。

 

フィリピンのタクシーは日本に比べて
割安なので(初乗り40ペソ≒100円、
300mごとに約10円の加算)、

1時間以内の距離であれば
千円分の両替で大丈夫だと思います。

 

ビザ関連

ビザ

フィリピンに滞在するには
ビザが必要ですが、

留学先の学校が準備してくれるところが
ほとんどですので、
その場合は心配いりません。

証明写真

フィリピン留学ではビザの他に
SSP(特別勉強許可証)の発行が
義務付けられています。

その発行の際に必要な証明写真を
事前に用意しておくことで、
スムーズにSSPを発行できます。

 

学習関連

辞書

英語学習の際には辞書は絶対必要と
なってきます。

調べやすくてかさばらない
電子辞書があると便利です。

参考書

日本語で書かれた文法書や単語集は
日々の勉強に必ず役に立ちます。
お気に入りの本を持っていきましょう。

ノート・筆記用具

ノートは現地でも購入できますが、
筆記用具は入国カード記入の際に
必要となってくるので、

機内持ち込み手荷物の中に
持っておくといいです。

ノートパソコン

学校によっては、ノートパソコンに
音声をダウンロードしての授業を
行う可能性があります。

万が一の時の通信手段としても
使えますので、持参しましょう。

 

生活関連

海外旅行保険証

海外で何かあった時のために
海外旅行保険に加入しておきましょう。

加入だけでなく、
保険証の写しを忘れずに。

衣類

衣類は現地でも購入可能ですが、
フィリピンは1年中暑いので
冷房対策の長袖の衣類を
探すことに苦労するかもしれません。

冷房対策の衣類をもっていくと
いいでしょう。

また、海に入る予定のある人は
水着があると良いと思います。

医薬品

フィリピンの医薬品は日本と比べて
効き目の強い薬が多いです。

風邪薬、下痢止め、目薬など、
普段から慣れている薬を持参すること
を推奨します。

あとフィリピンは虫が多いので、
虫刺されの薬が1本あると
とても重宝します。

洗面用具

こちらも普段使い慣れたものを
用意しておくと良いと思います。

クレジットカード

フィリピンではクレジットカードの
使用が可能です。

『Cirrus』もしくは『Plus』マーク
が入ったものであれば使えます。

履き物

フィリピンは1年を通して暑いので
スニーカーの他にサンダルがあると
とても快適に過ごせます。

現地でも購入可能です。

変圧器

日本の電化製品を使用する場合は、
変圧器が必要となります。
(フィリピンの電圧は220V/60H)

ノートパソコン、デジカメなどが
海外の電圧に対応している場合は
必要ありません。

日焼け止め

フィリピンの日差しは強いので、
日焼けを気にされる方は
日焼け止めは必需品となります。

ティッシュ類

フィリピンの物価は安いのですが、
何故かティッシュ類は日本より
数割ほど高いです。

トランクに空きスペースがあれば
入れておくといいと思います。

 

行ってから必要だったもの

次にフィリピンに着いた後で、
これがあれば良かったなと感じたもの
を紹介していきます。

日本食

留学中にどうしても恋しく
なってしまうのが日本食です。

フィリピンには日本食の
レストランも数多くありますが、
日本人向けとあって割高です。

サッと食べれる
即席の味噌汁やラーメンがあると
とても重宝します。

ガイドブック

『地球の歩きかた』など現地情報が
載っている本は何かと役に立ちます。

フィリピン(セブ)は観光地としても
とても有名なところですので、

観光地に行く予定のある方は
持っておいたほうが良いでしょう。

コンタクトレンズ用品

日本では当たり前となっている
コンタクトレンズですが、
フィリピンでは中々目にする機会は
ありません。

眼鏡屋で見つけましたが、値段が高く
品質も十分ではなかったです。

耳栓

フィリピン人はとにかく楽しい
ことが大好きなので、
そこら中で騒いでいます。

時には騒音で眠りづらいこともあり、
耳栓があればな、と思いました。

アーミーナイフ

ビールの栓を抜いたり、
お菓子の袋を開けたりするときに
あるととても便利です。

フィリピンのビールは缶ではないので、
栓抜きがないととても苦労します。

整ったヘアスタイル

髪型なので『もの』ではないのですが、
こだわりのあるかたは留学前に
スッキリと整えておくと良いです。

フィリピン人の美容師は日本語を
話せない人が多いので、うまく
意思の疎通ができないかもしれません。

日本人経営の美容師もありますが、
かなり割高に感じました。

 

以上、フィリピン留学に行く時に
おすすめの持ち物を紹介しました。

 

海外では日本では当たり前のことも、
当たり前ではなくなりますので、
色々と準備が必要です。

持ち物は事前に何度もチェックして、
しっかりと留学に集中できる環境を
整えてくださいね。



英語ペラペラになりたい!

…もし、そんな風に思ってるなら
参考書を眺めることはやめて、直接外国人とどんどん英語で喋ってみましょう。

サラリーマン。OLさん。学生さんに主婦の方々。
みんなやってる『オンライン英会話』でたっぷり喋る事ができますよ。

英会話業界でも、今最も話題のジャンルです。
1レッスン 100円をきるスクールや、英会話教室に通う数十分の一の金額で何度でもマンツーマンでレッスンできるスクール等もあります。

ほとんどのスクールが25分程度の無料体験が可能。直接喋ってみる事で、英語力へのモチベーションが大きく変わるかもしれません。

『オンライン英会話』を選ぶ3つのコツ と人気ランキング


スポンサードリンク



3



同じカテゴリ「フィリピン, 留学」の人気記事



サブコンテンツ