英語の【リーディング力】が急上昇!たった6つのおすすめ勉強法


2015-01-19_214813

by  whologwhy

海外のサイトが見たい
洋書が読みたい
TOEICのリーディングが苦手

こんな時はリーディング力を
鍛えることで、スラスラと
英文が読めるようになります。

 

そこで今回は、
リーディング力を伸ばす時に
おすすめの勉強法を6つ紹介します。

  1. まずは基礎から
  2. 英文に慣れる
  3. 返り読みをやめる
  4. パラグラフリーディングをする
  5. 多読よりは精読
  6. 音読する

これらを順番にこなしていくことで、
リーディング力を上げることができます。

 

スポンサードリンク

 

1. まずは基礎から

リーディング力を鍛えるには、
まずは基礎を身につけること
から始めます。

ここでいう基礎とは、

・簡単な単語力
・基本的な文法力

のことを指します。

基礎の部分がしっかりしていないと
英文を読んでも何が書いてあるか
理解することができません。

 

まずは基礎をしっかりと
身につけておきましょう。

基礎を学ぶための参考書は、
単語は『速読英単語シリーズ』、
文法は『Forest』がおすすめです。

 

 

2. 英文に慣れる

基礎がある程度身についたら、
実際に英文を読んでいきます。

できれば、毎日英文を読む習慣を
つけてください。

毎日英文を読むことで、
それが当たり前になり、
英文を読む抵抗がなくなります。

 

1日5分でもいいので、
英文に触れてみてください。

継続しやすいように
内容が簡単で面白そうな英文
を選ぶと良いと思います。

『速読英単語シリーズ』は
単語帳でありながら、
簡単な英文が搭載されているので
とてもおすすめです^^

 

 

3. 返り読みをやめる

リーディングをする時に大切なのが、
返り読みをやめるということです。

わたしたちは英文を訳すときに
後ろから訳すよう教えられてきました。
後ろから訳すことを返り読みといいます。

 

例えば、
I study English.
という文があるとします。

この文を訳すときにわたしたちは、
「わたしは英語を勉強する。」
(I)→(English)→(study)
と無意識に返り読みしてしまいます。

しかしこれだと、
『英文を一旦最後まで読む
→後ろから順番に訳す』と、
二回文章を読むことになるので、

英文を読むスピードが
とても遅くなります。

 

例えば外国人の友達に、
One of my great pleasures in Tokyo is reading the Japan Times every morning over coffee.
と言われたとします。

これを返り読みすると、

「東京での大きな喜びの1つは…コーヒーをのみながら…
毎朝…ジャパンタイムズを..読むことです。」

となってしまいます。

頭の中で日本語に変換している間に
次の言葉を言われそうですよね^^;
返答にも時間がかかって
相手を困らせてしまいます。

 

TOEICなどの資格試験の際も
返り読みをしていたら
時間がいくらあってもたりません。

短い時間でリーディングするためには
返り読みをやめて
前から順番に訳すようにしましょう。

 

I study English.
「私は/勉強する/英語を。」

One of my great pleasures in Tokyo is reading the Japan Times every morning over coffee.
「東京での大きな喜びの1つ/は読むこと/ジャパンタイムズを/毎朝/コーヒーを飲みながら。」

 

 

4. パラグラフリーディングをする

英文を読むことを
想像してみてください。

英文が1ページに
びっしりと書かれていると
何だか読む気が失せますよね。

そこで試してみて欲しいのが、
パラグラフリーディングです。

 

英文をパラグラフ(段落)
に分けて読んでいきます。

鉛筆を使って
長い文章を段落ごとの
かたまりに分けます。

かたまりに分けることで、
各段落ごとの主題が明確になり、
英文がグッと読みやすくなります。

 

 

5. 多読よりは精読

英語のリーディングの方法には、

多読…とにかく多くの英文を読む
精読…1つの文章を完璧に理解する

という2つの方法があります。

 

これからリーディング力をつけたい人
におすすめなのは精読です。

1つの文章の中で、
わからないところが無くなるまで
読み込んでいきます。

単語の意味や発音、文の構造、
日本語訳など、全て完璧に
理解できるようにしてください。

 

なんとなく分かったではダメです。
なんとなく分かったは、
全然わかっていないに等しいです。

日本語訳と照らし合わせて
分かった感じになってはいけません。

この文章の主語は何か?
この単語の発音は?
この単語の品詞は?

など全ての疑問に答えられる
ようになることが大切です。

 

精読をすることで、
文章を読み解く読解力がつき、
リーディング力向上に繋がります。

 

 

6. 音読する

精読のあとはぜひ音読に
取り組んで見てください。

理解した内容を
自分の口で発声し、
自分の耳で聞くことで
さらに理解が深まります。

 

精読でインプットした内容を
音読でアウトプットするのです。

インプットした内容を
アウトプットしないと
せっかく勉強しても
すぐに忘れてしまいます。

また、インプットを何もせずに
音読だけしても意味がないです。

 

種のない土に
いくら水をやっても
植物は育ちませんよね。

勉強した内容を、
実践で使えるものにするためにも
音読でのアウトプットを
心がけてみてくださいね^^

 

 

まとめ

以上今回は、英語のリーディング力を
伸ばす時におすすめの勉強法を
6つ紹介しました。

1. まずは基礎から
2. 英文に慣れる
3. 返り読みをやめる
4. パラグラフリーディングをする
5. 多読よりは精読
6. 音読する

最初から英文をスラスラを読める
人はいません。

少しずつ成長していくことで
だんだんとリーディング力が
養われていくのです。

 

最初は全てを理解するのに
2時間かかっていた文章も、

継続して勉強していくことで
いつか10分たらずで読めるように
なる日がくると思います。

ここで紹介した勉強法を参考に
リーディング力UPに
取り組んで見てくださいね〜



英語ペラペラになりたい!

…もし、そんな風に思ってるなら
参考書を眺めることはやめて、直接外国人とどんどん英語で喋ってみましょう。

サラリーマン。OLさん。学生さんに主婦の方々。
みんなやってる『オンライン英会話』でたっぷり喋る事ができますよ。

英会話業界でも、今最も話題のジャンルです。
1レッスン 100円をきるスクールや、英会話教室に通う数十分の一の金額で何度でもマンツーマンでレッスンできるスクール等もあります。

ほとんどのスクールが25分程度の無料体験が可能。直接喋ってみる事で、英語力へのモチベーションが大きく変わるかもしれません。

『オンライン英会話』を選ぶ3つのコツ と人気ランキング


スポンサードリンク



3



同じカテゴリ「英語勉強法」の人気記事



サブコンテンツ